副業のチャットレディに確定申告は必要?会社にばれないためには?

tax

副業でチャットレディをしている方、確定申告のことを忘れていませんか?

また確定申告が必要なのは知っていても、いくら稼いだら必要となるのかだったり、本業の会社にばれないか心配な方にもいるでしょう。

本記事ではチャットレディを副業でやってる方に向けて、確定申告が必要となる条件と会社にばれにくくするための方法を解説します。

こんな方におすすめ

  • 副業チャットレディでいくら稼いだらで確定申告が必要か知りたい方
  • 確定申告をする際に、会社に副業をバレにくくする方法

チャットレディで確定申告が必要な場合とは

通常本業でお給料をもらっている方で他に収入がない場合は、12月に年末調整といって会社が1年分の給与額から払うべき所得税を計算してくれるため、確定申告する必要はありません。

しかし副業など本業以外の収入がある場合は、自分で確定申告が必要となる場合があります。

「場合がある」という表現を使ったのは、副業で収入があるからと言っても必ずしも全員が確定申告の義務があるわけではないからです。

先に結論から言うと、本業の会社で年末調整を受けている場合であっても、チャットレディの副業の所得が20万円を超えた場合、確定申告が必要となります。

チャットレディは通常のアルバイトと比べて時給がかなり高いので、すぐに20万円の所得は超えてしまいます。

そのため、想像よりもはやく確定申告が必要となってしまうので注意が必要です。

確定申告が会社にバレないようにするには

確定申告をする場合、いちばんに心配なのは「会社に副業のことがバレないか」ということなのではないでしょうか。

どうして会社に副業がバレるのか

そもそも副業がある場合にどうして副業が会社にバレるかというと、いちばん多い理由は住民税からなのです。

住民税は済んでいる地域の役所が申告した所得をもとに計算を行い、その結果を会社へ連絡します。

そして会社は役所からの通知内容をもとに、給与から天引きして住民税を納付します。

通常、同じ給与を払っている従業員であれば住民税はだいたい同じくらいの額になります。

しかし、チャットレディなどの副業で別に所得がある場合、他の従業員よりも住民税の額が高くなってしまうのです。

その結果、会社に副業の存在がバレてしまうのが最も多いケースとなります。

バレないために住民税は自分で納付しよう

知らない人も多いのですが、住民税の支払い方法については給与以外の所得については支払い方法を選ぶことができます。

具体的には、①給与から差し引く方法と②自分で納付する方法のふたつから選ぶことができます。

そのため、チャットレディの副業の所得(雑所得)については、確定申告の際に【自分で納付】を選択しておけば、副業部分の住民税が会社に通知されることはなくなります。

会社に副業がバレたくない方は、忘れずに確定申告の際に自分で納付を選択してください。

おわりに

チャットレディは時給が高く、在宅で副業したい女性におすすめのお仕事です!

たくさん稼いだ分はしっかりと確定申告し、税金の支払い忘れにならないように注意しましょう。

時給の高いチャットレディサイトをお探しの方には、以下の記事もおすすめです。

【2020年11月】スマホで稼ぐ在宅チャットレディのおすすめサイト5選! - お仕事手帳
【2020年11月】スマホで稼ぐ在宅チャットレディのおすすめサイト5選! - お仕事手帳

最近は在宅勤務をする人が増えており、「自宅でできる仕事」に注目が集まっているようです。そんな「自宅でできる仕事」の中でも、高収入を狙えるのがチャットレディです。この記事では、在宅で働けるチャットレディ ...

asukakikaku.com

© 2020 お仕事手帳